uzocotrip

フィンランドから鎌倉へ。暮らし、旅、映画にまつわる日々のメモ

69. 『真実』キノシネマ横浜みなとみらい

68. 『真実』キノシネマ横浜みなとみらい - uzocotrip

万引き家族』で2018年カンヌ国際映画祭のグランプリに輝いた是枝裕和監督、初の海外進出作品。
 
個人的に、超夢の豪華共演だった本作!
大好きな俳優を、大好きな監督が撮る。しかも、馴染みのある街を舞台に。
それだけでも、わたしにとって、贅沢な映画でした。
 
是枝監督が、フランス人の俳優を起用して、フランスを舞台の映画を撮ったら、どんな作品にしあがるんだろう。しかも、フランス映画界を代表する大女優のカトリーヌ・ドヌーヴと、同じくフランスの実力派女優としてキャリアの長いジュリエット・ビノシュが初共演!そこに、『ビフォア・サンセット』シリーズのイーサン・ホークも出るなんて。これは何としてでも、映画館で見よう、と決めていました。


物語の舞台はフランスのパリ。大女優ファビアンヌ(カトリーヌ・ドヌーブ)の家に、ニューヨークから娘家族が訪れます。『真実』というタイトルの、ファビアンヌの自伝書の出版を祝いにやって来たのです。しかし、彼女が本に書いたのは、真実とはかけ離れたものでした。母親に辛辣な眼差しを向ける娘のリュミール(ジュリエット・ビノシュ)と、役者の夫・ハンク(イーサン・ホーク)、愛娘シャルロット(クレモンティーヌグルニエ)。家族に隠された、本当の“真実”とはーー?
 
 
わぁ、さすがだなー、という感じでした。
 
大女優を演じるカトリーヌ・ドヌーヴの貫禄はさすがだったし(あの豹柄のコート似合いすぎ!)、母親との確執に苦悩するジュリエット・ビノシュも、軽やかなユーモアを交えながら、母娘のやりとりを見守るイーサン・ホークも、それぞれの俳優の個性がとてもすてきにいかされていて、ファンとしては「ごちそうさま」と言いたいくらい。
 
季節は秋の終わり。母と娘の確執という、重たい雰囲気になりがちなテーマ(しかもフランス映画)にもかかわらず、ほのかな幸福感と爽やかな余韻の残る映画にしあがっているのは、是枝作品の持ち味でもあるし、イーサン・ホークという俳優の存在が大きいように感じました。
 
黄色や橙色に染まるパリの秋。
ひんやりを頬をさす、冷たい朝の空気。
映画を見ながら、秋のパリに行った気分になれたのが、思わぬ幸福でした♩

68. 『ひとよ』イオンシネマ シアタス調布

f:id:uzocoya:20191119221922j:plain

毎月映画を見る会を企画してくれる友人が、今月の1本に選んでいたので、きっとおもしろいはず、と、観に行ってきました(彼女の映画を選ぶセンスが好きなんです)。
 
劇団KAKUTAの舞台の作品を、『凶悪』『凪待ち』の白石和彌監督が映画化。家族を描いた人間ドラマで、出演は佐藤健松岡茉優鈴木亮平、田中裕子と、気になる役者さんの名前がずらり。
 
 
物語は、田中裕子演じる一家の母親が、子どもたちに暴力をふるう父親を殺める、ある一夜のシーンから始まります。もう、子どもたちが暴力に苦しまずに、好きに生きられるようにと。そして、罪をつぐない15年後に戻ってくると約束し、姿を消した母親が、約束のとおり、ちょうど事件から15年後の晩に帰ってきます。
 
15年後、どもり症で気の優しい長男は、別居中の妻から離婚をせまされ、小説家を目指す次男は、うだつが上がらない週刊誌の記者として働き、末娘の長女は美容師の夢を諦め、スナックで働いていました。
 
父親からの暴力はなくなった一方で、15年もの間、「犯罪者の子ども」という世間体に苦しみ続け、思い描いた自由とはかけ離れた現実を生きる3兄妹は、突然の母の帰宅に戸惑い・・・。
 
 
バイオレンスやホラーものが苦手なわたし、白石和彌監督の映画を今回初めて観ましたが、ずっしりとした重みや暗さのなかに、くすっと笑える場面や、あたたかさもあり、味わい深い余韻の残る、家族の物語でした。
  
まっすぐに心に刺さったのが、母親のひとこと。
「いま、私が謝ったりしたら、あの子たちが、迷子になっちゃう」
 
罪をつぐない、噂が風化する頃合いまで、ひとりでなんとか生き抜いて、
子どもたちの複雑な思いも覚悟のうえで、約束どおりに帰ってきて、
15年の不在を、これっぽっちも気にするそぶりを見せずに、
毅然として、また日々を生きているおかあさん。
 
なんて、強いひとなんだろう。
強さ、というのとは、すこし違うのかもしれません。
でも、自分のきもちを横に置いておいて、とにかく、子どもを迷子にはさせてはいけない、という強い意志が、全身からにじみ出ていて、この人すごいなあと思いました。
 
田中裕子が、むちゃくちゃ、かっこいい。
 
ほんの少し、再生の光がみえた物語のエンディングでは、
すっかり4人の役者さんのファンになっていました。
 
おもしろい映画を観終わって後の高揚感、
あのワクワクが久しぶりに。
よい映画時間でした。

67. 『そして、バトンは渡された』瀬尾まいこ

f:id:uzocoya:20190708184632j:plain

2019年度の本屋大賞 受賞作。
「家族よりも、大切な家族」という帯に書かれたコピーに惹かれて、
瀬尾まいこさんの小説をはじめて読みました。
 
最近たまたま、身近なところで
養子縁組の話題を耳にすることが何度かあって、
いろいろな「家族」のことを、ぼんやりと考えていたところでした。
 
 
小説の主人公は、幼い頃に母を事故で亡くし、その後もさまざまな事情から、
リレーのように育ての親が次々に代わった経験を持つ、17歳の森宮優子。
 
彼女を中心に、高校生活の日々を描いた第一章と、
その数年後に結婚を控える優子が、育ての親をめぐる旅をする第二章からなる、あたたかな感動作です。
 
母親が2人、父親が3人。
17年間に、苗字が4回も変わったと聞くと、
それだけで、とても複雑で込み入った家庭の事情を想像するし、
幼い頃から苦労をしてきた、かわいそうな子だと思ってしまうかもしれません。
 
でも、そんな育った環境からはかんたんに想像しにくいほど、
主人公の優子は、明るくおおらかで、まっすぐな性格の女の子。
そして、優子の周りにはいつも、血がつながっていない彼女のことを、
どこまでも大切に思い、愛情を注いでくれる親たちがいました。
 
 
家族ってなんだろう。
親と子ってなんだろう。
 
ドラマチックな展開や、スリリングな事件が起きるわけではないものの、
いろんなカタチの家族のあたたかさに触れられる、愛にあふれた一冊。
最後は、優子を囲うすべての大人たちを思わずギュッとしたくなる、
すてきな結末です。

66. ちいさな地球、パリからのお客さん

今週末は、パリから留学時代の友人が旅行に来ていたので、
わたしと夫と、外国人4人を連れて、中目黒の焼き鳥屋さんに行ってきました。
 
海外から友人がくると、じつは家に呼ぶのがいちばん楽だったするのですが、
今回は日中の予定もあったので、都内で会うことに。
 
せっかくなので日本っぽい雰囲気のお店をと思って、
たたみに座って、七輪を囲んで焼いて食べるスタイルのお店にしました。
焼鶏あきらさん、英語メニューもあるので、外国人を連れて行くのにおすすめです。
 
友人が今回は彼氏と友だちふたりの4人で日本に来るというので、どんな間柄なのかなと思っていたところ、あらわれたなかには、初老のおじさまもひとり。
 
フランス人の友人と、ポルトガル人の彼氏。
それに、友人の男友だちがもうひとりと、その彼の妹さんの彼氏のお父さんの4人で旅をしているのでした‥!
 
もしわたしだったら、
お姉ちゃんの旦那さんのお父さんと旅行なんて、
とてもとても気を使ってしまいそうだし、
男友だちも一緒で彼氏はいいのか?とか、
むだに、ことをむずかしく考えてしまいそう。
 
だけど、さすがはヨーロッパの人たち、立場とかではなく、
ひとりの人として、みんなが自然に接しあっているようすがとてもフランクで、
だれかが気を使っているという感じがなく、見ていてとっても気持ちのいいものでした。
 
なんてすばらしい関係性なんだろう。
 
さらに、そのお父さんがまたユーモアたっぷりな愛すべきおじさま。
撮った写真はほとんど舞妓さんや、着物姿の女の子ばかりで、
「帰ったら奥さんに何て説明しよう」と茶目っ気たっぷり。
 
 
もうひとつ、感動したのが、言葉の壁。
 
夫はフランス語が話せず、
友だちの彼氏とおじさまは英語が話せない、という状況で、
基本はフランス語で会話をしながら、
友人がわたしの夫に英語で同時通訳をしてくれて、
わたしもときどき日本語で話したり、
ポルトガル人の彼氏に夫がスペイン語で話しかけたり(?)
おじさまのフランス語と夫の英語で意思疎通できていたり。
 
はたから見てたら、きっとこの人たち何語で話してるんだろうという
不思議な光景だったと思いますが、謎に会話が成り立っていたんです。笑
 
 
まるで、ちいさな地球!
 
 
言葉が話せないことを気にもせず、
コミュニケーションをとろうとしてくれるのがとてもうれしかったし、
そんなところにも人生のたのしみ方があるんだなと教わりました。

65. わたしのリトルプレスを、本屋さんで買ってくれたあなたへ

生まれてはじめて、自分でつくって、自分で本屋さんに置いてもらった、旅のリトルプレスを、 知らないだれかが買ってくれたことが、こんなにもうれしくて、感激して泣きました。笑
 
世界を旅して見たり感じて、心地よさを感じた世界が、だれかのちいさな希望になればと思って、 いつも書いてる旅日記と写真とイラストの、手づくり感たっぷりでつくりはじめた旅冊子。vol.5までつくったところで、本屋さんにもっていこうと決めていました。
 
でも、いざvol.5までつくってみたものの、大好きな京都の本屋さんにはお断りされてしまい、しばらく置いてくれていた本屋さんからも、まったく売れないと返品されてしまいました。
 
わかっていたものの、友人に見せるのと、知らないだれかに手にとってもらうのとでは、 まったく違うんだなと痛感しました。そんなに甘くはありませんでした。
 
それでも、もう1軒リトルプレスを置かせてもらっていた 吉祥寺のちいさな本屋さんで、売り上げがあったのです。
しかも、単品だけでなく、5冊セットまで。
 
いったい、どんな人が手にとってくれたんだろう。
リトルプレス好きの学生さんかな? それとも、ヨーロッパ好きの人かしら?
 
こんな無名の作家がつくったリトルプレスを心よく置いてくれた「青と夜ノ空」さん、 「Cahier de voyage」シリーズを手にとってくれたお客さんに、ただただ感謝のきもちでいっぱい。
 
このたまらなくうれしかったきもちと、たくさんのありがとうが届きますように。
 
やっぱり自分の感性や、共感する世界観を表現する場は、
これからも大切にしていきたいし、
そのための勇気をもらったできごとでした。