uzocotrip

フィンランドから鎌倉へ。暮らし、旅、映画にまつわる日々のメモ

42. 新しいいのち

お姉ちゃんの赤ちゃんが生まれました。
 
あたまも、手も足もちいさくって、
ふくふくしている、ちいさなひと。
 
おなかの外の世界にびっくりながら、
いっしょうけんめい声を上げて泣いていました。
 
それでも、あわてずに、ずっと赤ちゃんの目をみて、
まるでおなかにいたときと同じように、
やさしく話しかけているお姉ちゃんは、なんだか聖母さまみたい。
いまどんな気分なんだろう、とすこし想像してみました。
 
友だちの赤ちゃんが生まれたときは、
生まれてきた赤ちゃんを見て、かわいいとか、だれに似てるとか、
赤ちゃんのことばかり気にしていたけれど、
 
 
母親になるって、どんなことなんだろう?
 
 
はじめての姪っ子は、思っていた以上にかわいくって
赤ちゃんってこんなにもあったかな存在なのだとはじめて知りました。
 
これからきっと、たくさんのことが待っているけれど、
こんなにも祝福されて、家族がしあわせに浸れるのなら、
それだけでじゅうぶんだと思うのです。
 
ゆっくり、時間をかけて、おっきくなっていってね。

広告を非表示にする

41. 鎌倉の週末の過ごし方

先日、友人家族を呼んで、我が家のお庭でお餅つきをしました。
 
彼がなにやら楽天臼杵の週末レンタルなるものを見つけたらしく、
土曜は子連れの会、日曜は大人の会にして、2日にわたってお餅つきで冬気分を満喫しました。
 
子どもたちは、初めてのお餅つきに、
「ぺったんぺったん」と楽しそうにはしゃぎまわって、
おとなたちは、ホットワインや日本酒を嗜みながら、ほろよい新年会ムード。
おなじ我が家でも、土日でまったくちがった雰囲気に彩られて、
どちらの日もすてきな思い出になりました。
 
じつは、家を探すとき、彼がまっさきにこだわってゆずらなかったことのひとつが、お庭のある家に住みたい、ということでした。
 
夏はバーベキューに、野外シアター。冬は焼き芋に、お餅つき。
人を巻き込んで、楽しいことをしたい。
 
もてなすことが大好きな彼に、「そんな人もいるもんだなぁ」と新鮮な眼差しを向けながら、わたしもいつもちゃっかり便乗して楽しませてもらっています。
そして、おそらく、家に遊びに来てくれる友人たちも、けっこう楽しそうにして帰ってくれます。
 
そういえば、
こうゆう時間、こうゆうきっかけって、
なかなか東京に住んで会社員をしていたときはなかったなぁ、とふと思いました。
 
お金をかけるわけでもなく、特別なごちそうがでてくるわけでもないけど、
広々とした空と緑いっぱいのところで、大好きな人たちとごはんとおしゃべりを楽しんで、のんびり過ごす。
 
ただそれだけなのに、ずいぶんとからだのビタミンになる気がします。

40. 『幸せなひとりぼっち』新宿シネマカリテ

f:id:uzocoya:20170110113057j:plain

今年の映画初めは、スウェーデン映画のこちらの作品。
チラシのデザインに惹かれて、はるばる新宿まで観に行ってきました。ちょうどサービスデーで満席!
 
たったひとりの良き理解者だった奥さんに先立たれ、近隣からは変わり者として厄介がられている、偏屈なおじいさんの物語。
 
悲しいことが重なって、見捨てられたようなきもちになっても、
そっとしておいてくれるわけでも、急にしあわせがおとずれるわけでも、ありません。
 
でも、いろいろなことが忙しなくやってくるなかで、
そこには新しい風も吹いてくることを、この作品は教えてくれました。
 
人にやさしさや思いやりを伝える術を知らない不器用なおじいさん。
だからこそ、子どもたちや動物にやさしくする姿がとってもピュアに映り、切ないきもちでいっぱいになりました。
 
すこしばかりお騒がせでも、
あんな風にご近所さんたちから愛される老後がおくれたら、とってもしあわせだろうな。

39. ドーナツはべつばら

金曜日の夕暮れどき、
夜ごはんの買いもの帰りについつい寄ってしまうお店があります。
 
若宮大路から鎌倉女学院の角を曲がって、材木座の住宅地をすこしばかり歩くと、すらりとしたアパートの1階。
おやつどきの小腹をしあわせに満たしてくれるドーナツ屋さんです。
 
その名も、べつばらドーナツ。
営業は、金、土、日、月の週4日だけ。
毎日やってるわけではないから、お店の前に看板がでていると、もう週末がやってきたんだな、という気分になります。
 
ガラス張りの引き戸をあけると、ほわぁ~んと、ドーナツのやさしい甘い匂いに包まれます。
 
ショーケースには6種類ほどのドーナツがお皿にこんもり。
レモンや、シナモン、コーヒーなど、定番メニューのほかに、ココナッツ、アップルシナモン、ラズベリーなど、季節ごとのメニューも華やかです。1つ250円。
 
ひとつひとつがわりと立派なおおきさなので、
初めてのときは、これ食べきれるかな?と思い、2人で1つレモン味のドーナツを買いました。
 
ところが、ひとくち口にしてみて、びっくり。
ドーナツと聞いて、想像する、油っこさや、ずっしりつまった感じではなく、
まるでシフォンケーキのようなふわふわ感と、ハワイのマラサダにも似たもっちり感があいまって、絶妙なもちふわ食感に、あっとゆうまにぺろり。甘さもちょうどいい。なんて軽やかな、ドーナツ体験。
 
次からは、1人1つずつ買うようになりました。
 
いろいろ食べてみたけれど、今のところ、レモンがいちばんのお気に入りです。

38. 年の瀬

おだやかで、心地いい時間が過ぎているようで、
今年もまた大きな変化や、おもしろい人たちとの出会いのある年でした。
 
フィンランドから、鎌倉に引っ越し、
海と山にかこまれた暮らしをはじめました。
 
都会のマンションで育ったわたしにとって、
鎌倉の暮らしは、すてきなことも、不便なところも、
いろんな意味でカルチャーショックがたくさんありました。
 
海まで徒歩5分で行けたり、お庭のある家に住んで、野菜を育ててみたり、
スーパーではなく商店街のお店や市場でおいしい食材が手に入ったり、
道ゆく人にあいさつをしたり、お役所の人たちの感じのよさにほっこりしたり。
 
ゴミの分別が細かったり、虫退治におわれたり、どこに行くにも遠くてげんなりしたり、梅雨の季節には、おしゃれな木のかごにカビが生えてしまったり。
 
おなじ日本でも、
まるでちがう国に来たかのような、文化や暮らしのちがいに、日々発見です。
 
東京から離れてみたことで、
まわりからどんなふうに東京が映るのか、
すこしヨソモノの目で、東京という街の独特さにも、気がつくことができました。
 
まだまだ始まったばかりの、自分たちの暮らしづくり。
来年は、どんな風向きで、きもちがかたむいていくのかな。
たのしみです。

広告を非表示にする