読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uzocotrip

フィンランドから鎌倉へ。暮らし、旅、映画にまつわる日々のメモ

46. 『彼らが本気で編むときは、』

生田斗真さんが主演。トランスジェンダーの女性とそのパートナーの暮らしを中心に、いろんな家族愛が描かれる人間ドラマ。 トランスジェンダーの映画といえば、数年前のグザヴィエ・ドラン監督の『わたしはロランス』が記憶に新しいけれど、邦画ではめずらし…

43. 『ラ・ラ・ランド』

こんなにきもちよく「好き!!!」と言い切れる、心がおどる映画を久しぶりに観ました。 たった一度でも、なにかに憧れたり、夢を見たことのある人なら、きっとこの映画に心を奪われてしまうはず。 『セッション』のデイミアン・チャゼル監督の最新作で、け…

40. 『幸せなひとりぼっち』新宿シネマカリテ

今年の映画初めは、スウェーデン映画のこちらの作品。チラシのデザインに惹かれて、はるばる新宿まで観に行ってきました。ちょうどサービスデーで満席! たったひとりの良き理解者だった奥さんに先立たれ、近隣からは変わり者として厄介がられている、偏屈な…

36. 『永い言い訳』横浜ブルク

いつだったか、映画のパンフレットかなにかで西川美和監督のインタビューを読んだとき、「嘘」に興味がある、というような内容のことが書かれていて、ものすごく印象的だったのを覚えています。 人が嘘をつくときには、何かしらのドラマがある。だから、嘘を…

34. 『グッバイ、サマー』横浜ジャック&ベティ

鎌倉に引っ越してからというもの、すっかり映画館に見に行く頻度が減ってしまって、大好きな渋谷のユーロスペースや下高井戸シネマ、新宿の武蔵野館や早稲田松竹なども、しばらくご無沙汰してしまっています。 そんななか、ミシェル・ゴンドリーの新作が自伝…