読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uzocotrip

フィンランドから鎌倉へ。暮らし、旅、映画にまつわる日々のメモ

2. フィンランドの小さな都

北欧 フィンランド 暮らし

フィンランドの首都ヘルシンキは、
歩いてもまわれてしまうくらいコンパクトな、海にかこまれた街です。
 
はじめて、北欧にくることになって、
地球の歩き方 北欧編」を眺めていたころ、
デンマークコペンハーゲンスウェーデンストックホルム
ノルウェーオスロと並んでヘルシンキが載っているのをみて、
おなじくらいの規模なのかな?と想像していたけれど、まったくでした。
 
実際にきて、町を歩いてみると、
ヘルシンキのこじんまりとしてること、
そして他の北欧3か国の首都に比べて、都会っぽさがなくて、
どちらかというとロシアや東欧の雰囲気が入ってきているような、
素朴で、のんびりした空気が流れているのに気がつきます。
 
アキ・カウリスマキの映画の雰囲気や、
ムーミンの登場人物たちは、まさにフィンランドそのもの。
みんなおだやかで、やさしく、急かしてくる人は誰もいません。
 
電線にぶらさがる外灯や、トラムのある静かな風景。
50年前のヘルシンキの街の写真も、
いまとまったく変わらない。
 
流行の追いかけっこが忙しい街にいると
あっというまに置き去りにされてしまいそうなものが、
ここヘルシンキでは長く大切にしてもらえそうな、
そんなやさしさと心のゆとりを感じる街です。

image