uzocotrip

フィンランドから鎌倉へ。暮らし、旅、映画にまつわる日々のメモ

24. フィンランド人の働きかた

image

フィンランドに住んでいる日本人の友だちと話をしていたら
フィンランドに来てから、ゆっくりした時間の過ごし方を楽しめるようになった」という人が何人かいました。
 
あれこれ予定をつめこみがちな忙しい都会の生活と、
ここフィンランドのゆったりした暮らし。
いったい、なにが違うのかな?と考えてみたときに、働きかたや、仕事に対する考え方も、大きなちがいのひとつのような気がしました。

 
まず、フィンランドのふつうの会社の定時は、8時から16時です。
時間内に仕事をきちんと終わらせて、残業はほとんどしません。
夜ごはんは基本的に家で食べるものなので、あまり飲んで帰るという習慣もないようです。(家族と過ごしたいというわけでもなく、単純に外食が高いからだそう。こういう正直なところもすごくフィンランド人らしい。)
 
でも、16時に仕事が終わったサラリーマンは、その後は何をするんだろうと思ったら、スポーツをしたり、自然とふれあったり、趣味やリフレッシュに使う時間なのだそうです。
1か月ある夏のバカンスでは、多くのフィンランド人は湖水地方にサマーハウスをもっているので、都会をはなれ、自然の中でのんびり過ごします。
 
フィンランド人の友だちに聞いてみたら、
フィンランドの人たちにとって、バランスがとっても大切だということ。
仕事・自由時間・睡眠の3つのバランスがきちんと保たれることで、しっかり寝て、朝から仕事も集中して、きもちよく過ごすことができるのです。
 
オンとオフの切り替えが、彼らにとって、とても大事なのだと話してくれました。
 
どれだけ多くの時間を会社に捧げるかが美徳とされがちな日本とは、根本的なところから考え方がちがうようです。
 
そして、やっぱり彼らが大好きなのは自然…!
夏場の金曜日は、3時くらいから(ピクニックするため)連絡がとれなくなるという話もよく聞くほど。
これで社会全体がまわっているのだからすごい。不思議だなぁ。
 
でも、こんな風に、好きなものや生き方がシンプルで、
自分たちの暮らしを大切にしているフィンランド人は、
なんだかとっても健康的な人たちのように思えるのでした。

image