読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uzocotrip

フィンランドから鎌倉へ。暮らし、旅、映画にまつわる日々のメモ

26. レトロさがちょうどいい、坂の上のリスボン

image

2週間後に帰国をひかえ、
フィンランド生活最後の旅に、ポルトガルリスボンへ行ってきました。
 
あたたかいお天気と、
おいしいごはんを楽しみに。

 
10年前、家族といっしょにパリから足を伸ばしたときは
サン・ジョルジュ城からの眺めはたしかにきれいだったけれど、
ほかに記憶にのこっているのは、観光名所のよれよれのエレベーターにのったこと、ファドの音楽を聴いたこと、フランスより田舎だなと感じたこと。
当時高校生でまだまだこどもだったわたしは、
この街の魅力に気づくことができませんでした。
 
10年ぶりに、じぶんの足でおとずれたリスボン
とにかくかわいらしくって、町全体にどこか懐かしみを感じる、
親しみのわく街でした。
 
パリのモンマルトルと似た旧市街、石畳の路地、
魔女の宅急便のような、坂の上から見下ろす景色、
南欧らしいカラフルな色づかいと、庶民的な雰囲気。
アパートの壁やインテリアなど、あちこちで目にするきれいなアズレージョ(タイル)。
ラテン系の小柄なおじちゃんやおばちゃんたち。
坂道をかけおりる、レトロなちっちゃいトラム。

image

 
南フランスのニースを、もっともっと下町にした感じの街並みで、
町歩きがとにかく楽しいところでした。
 
すっかりこころを奪われたのが、ポルトガルの料理!
日本以外で、こんなに日本人の口にあう料理はないのでないかと思うくらい、
この国のごはんはとってもおいしかったです。
 
地中海の新鮮な魚介をつかったお料理も
オリーブオイルをたっぷり使っているものの、
イタリアンやフレンチほど、こってりとはしていなくて。
スペイン料理とも、またひと味違った、ポルトガルのごはん。
 
地球の裏側で、こんなに日本と似た味に出会えるなんて、
いっきにポルトガルへの親しみがアップ…!
いつかまた、だいすきな人たちを連れて、おとずれたい街です。