uzocotrip

フィンランドから鎌倉へ。暮らし、旅、映画にまつわる日々のメモ

72. ミニシアターのために、今できること

vol. 72 わたしがミニシアターで映画を見る理由

10代、20代と、たくさんの時間を映画館で過ごしました。
 
落ち込んでいるとき、
やり場のない気持ちを抱えているとき、
いつもひっそりと映画館に行って
気分を晴らしていました。
 
映画を見ていると、不思議なことに
まったくかけ離れた世界の物語なのに、
登場人物に、自分の一部を重ねたり、
友だちのように思えてくることがあります。
 
だから、遠くの国に景色に憧れたり、
思いっきり泣いて、笑ったり、
いろんな人のやさしさや悲しみに共感したり、
たまには、まわり道もわるくないと思えたり。
この世界のいろんなかたちの小さな光を見せてくれるのが、映画でした。
 
 
私のミニシアターの原体験として、とくに記憶に残っているのは
中学生の時に、渋谷のBunkamuraル・シネマで見た
初恋のきた道』と『リトル・ダンサー』です。
 
物語としてもすごく惹かれたのと、
映画の舞台が、『初恋のきた道』は中国の田舎の小さな村で、
リトル・ダンサー』はイギリスの炭鉱町。
どちらも、中学生の私にとっては遠い世界で、
自分とほとんど変わらない年齢の主人公がたくましく生きる姿に、
当時ものすごく感動したことを覚えています。
 
箱入り娘だった私の、
小さな世界が少しだけ広がった瞬間でした。
 
 
中学生の頃、親しい友人の影響で
映画に夢中になってから、
中学、高校、大学、社会人と
映画館は、わたしの暮らしの一部になっています。
 
思い出の映画は、数え切れないほどあるけれど、
その話はまた今度。
 
とくに、東京のミニシアターは、
あちこち足を伸ばして行きました。
 
 
大好きな映画館はいくつもありますが、
私の中で、思い出の映画館といえば、
吉祥寺のサンロード商店街のはずれにあった、
吉祥寺バウスシアター
 
爆音映画祭というイベントで有名で、
メジャーな作品からアート系のインディーズ映画まで、
洋画も邦画も、幅広いラインナップで愛されていた街の映画館です。
 
夕方になると赤く点灯する「BAUS TOWN」のネオンサインが印象的で、
その一角だけ時が止まったかのような、レトロな建物の2階にありました。
 
シネコンが増えていって、
巨大なスクリーンで映画が見れたり、
映像や音響の技術がどんどん進んでいっても、
やっぱり、またバウスで見たい。
そんな風に思える、居心地のよさがありました。
 
大小のスクリーンが3つ。
チケットは、番号順の自由席だから、
少し早めに行って、その日の気分で座席を選んだり、
映画の余韻に浸りながらサンロードを歩く、
吉祥寺駅までの帰り道も好きでした。
 
たまに油断して上映時間ぎりぎりに行くと
すごく後ろの方の番号だったりして。ありゃー。
座席指定制が普及した今では考えられないけれど、
そんなアナログなところも、けっこう好きでした。
 
他にも、今はなき、渋谷のシネマライズや、
昔の恵比寿ガーデンシネマもファンでした。
 
 
小さな街の映画館の、独特のマニアックさが好きで、
劇場スタッフがこだわってつくる宣伝の切り抜きとか、
もぎりの呼びかける声とか、
また次来るのが楽しみになる、ポップでおしゃれな映画のチラシとか、
ポップコーンの匂いとか、時には、おじいさんのいびきとか。笑
もう、愛しかありません。
 
 
おしゃれなものに溢れていて、
新しくてかっこいいものが次々と出てくる東京の街で、
そんな都会っぽさも飽きなくて楽しいけれど、
いつ来ても、ゆったりとした時間が流れていて、心がほっとする場所。
ずっと変わらずに、そこにあって欲しいもの。
それが、私にとっては街の映画館です。
 
いろんなことがあっても、
映画館で映画をみると、
「まあまあ、ぼちぼちいこうよ」とやさしく肩をたたいてくれるような、
そんな気持ちになって、癒やされるのです。
 
 
それが今、新型コロナウィルスのために、
全国のミニシアターが
休館や閉館のピンチになっています。
 
あんなに愛のある場所が、
もうこれ以上なくなって欲しくない。
 
小さな街の映画館で映画を見るひとときは、
他の何ものにも代えられません。
 
文章を書くことくらいしかできない私が
映画のために何かできないかなと
悶々とする日々ですが、
せめてもの思いで、リンクを貼ります。
 
どうか、映画とミニシアターに
明るい未来が待っていますように。
 
 
濱口竜介監督、深田晃司監督が立ち上げた、
全国の小さな街の映画館を応援するクラウドファンディング
5/14(木)まで募集中です

motion-gallery.net
 ▼ 他にも、映画館ごとの支援方法(会員募集、Tシャツ販売など)を入江悠監督がブログでまとめてくださっています

irie-yu.com
 ▼ 若手俳優さんたちが手がけるミニシアター支援・寄付Tシャツ!
とってもおしゃれで、私も買いました〜

suzuri.jp

71. パリ郊外で、ベランダ越しのミニコンサート

慣らし保育がはじまって、
わずか3日でお休みになったおチビさん。
夫も先月からずっと在宅勤務なので、
3人で家で過ごす生活が、もうしばらく続くことになりました。
 
もともとフリーランスで働く私は
仕事を再開しようと思ったとたんに
ストップがかけられたような、
すこし拍子抜けするような気持ちもありますが、
今はのんびりできることが、ありがたい。
 
子どものとなりで、お菓子を焼いたり、
フランス語の絵本を読んだり、
時間がゆっくりと流れてる今だからこそできること、
やりたかったことを、もくもくと楽しんでいます。
 
 
先日、フランス語の先生から教えてもらった、心温まるニュース
 
先月下旬から外出禁止令がでてる
フランスのパリ郊外のモントルイユという街で、
コンサートが中止になったミュージシャンたちによる、
バルコニーでのミニライブが連日行なわれているのです。
 
毎日夜8時になると、医療従事者や患者さんたちへのエールをこめて、
誰から始めるともなく、拍手をするひとときがあるのですが、
その拍手が終わると、15分ほどの小さな演奏会のはじまり。
 
ギターの弾き語りだったり、ヴァイオリンの演奏だったり、
トランペットに、アコーディオンなども。
プロもアマチュアも関係なく、
市内在住の様々なミュージシャンたちが
日替わりでミニライブを行っています。
 
そんな夜のひととき、
想像するだけでうっとりしてきませんか。
 
さらに、素晴らしいのが、
この小さな音楽祭を市が独自で主催していて、
ミュージシャンたちに出演料を払っているのだそう。
ただでさえ収入が不安定なアーティストたち。
今のような、特別な状況で、仕事がなくなったり
生活が苦しくなるだろう人たちのために、
市長が率先して、こういう機会をつくってくれるなんて
なんてすてきな取り組みなんだろう。
 
 
毎日のミニライブ(#Musique au Balcon)の映像は、
モントルイユ市のFacebookページからも見られます♪

70. 8ヶ月の子育てを経て

f:id:uzocoya:20200412184435j:plain


こんなときだから、久しぶりの雑記。
 
生まれて初めての妊娠・出産をして、
ママ1年生になってみて、
初めてのことだらけのなか、あっという間の8カ月を過ごしました。
 
子どもみたいな私が、
ある日とつぜん、ちいさな赤ちゃんのお世話をする「おかあさん」になって、
おっぱいをあげて、抱っこをして、オムツを替えるだけの、ぐっすりと眠れない日々がしばらく続きました。
 
体力のない私は、産後の回復もゆっくり、ゆっくりで、
ふにゃふにゃのちいさなからだで一生懸命に毎日を生きる子どものとなりで、ひぃひぃ、ヨレヨレ。心の底から、子育てが楽しいと思えるようになったのは、1カ月以上経ってからでした。
 
ただただ、見ているだけで、愛らしいと思ったり、
からだはきつくても、この小さなヒトのために、どうにかしてあげなくちゃと思えたり。子どもが生まれてみてからは、初めての感覚や感情ばかりです。
 
自分のことを、どちらかというと大らかで、のんびり屋だと思っていたけど、
「こんなに心が狭いんだ」と自分でも悲しくなるほど、
気持ちに余裕がないときも、いっぱいありました。
 
母になったら何か変わるものかと思ってたけど、
私という人間は、そんなに変わらないんだなというのも
この8カ月での実感でした。
 
そうそう。その間、
夫くんの絵に描いたような親バカっぷりに、何度も助けられました。
ものすごく自然に「パパ」になった彼は、
何かを我慢したり、諦めるのではなくて、
自分の世界に子どもを巻き込むようにして
子どもとの時間を楽しんでいるのです。
 
 
3カ月に首が座ってからは、寝返り、おすわり、離乳食、ずり這い…と、
着々と、成長をしている我が家のおじょうさん。
 
目が見えるようになって、手でものをつかめるようになって、
興味があるものがはっきりしてきて、
次第に、欲しいものを主張するようになってきました。
言葉を話すことこそできないものの、
あれが欲しい、これじゃ嫌だ、という意思を
しっかりと伝えるようになってきた。
 
そんなおチビをみていると、
お世話は大変だなぁとか、
かわいくてしあわせだなぁとか、
もっと大きな心をもっていられたらいいのに
こんなママでごめんよとか、
いろんな気持ちがあわさって複雑だけれど、
私もしゃんとしなきゃ!という気持ちになります。
 
でも、あんまり力まずに、50点のママでいいかな。
 
いくつになっても、娘のとなりで、ワクワク人生を楽しんでるお母さんでいたいよ。

69. 『真実』キノシネマ横浜みなとみらい

68. 『真実』キノシネマ横浜みなとみらい - uzocotrip

万引き家族』で2018年カンヌ国際映画祭のグランプリに輝いた是枝裕和監督、初の海外進出作品。
 
個人的に、超夢の豪華共演だった本作!
大好きな俳優を、大好きな監督が撮る。しかも、馴染みのある街を舞台に。
それだけでも、わたしにとって、贅沢な映画でした。
 
是枝監督が、フランス人の俳優を起用して、フランスを舞台の映画を撮ったら、どんな作品にしあがるんだろう。しかも、フランス映画界を代表する大女優のカトリーヌ・ドヌーヴと、同じくフランスの実力派女優としてキャリアの長いジュリエット・ビノシュが初共演!そこに、『ビフォア・サンセット』シリーズのイーサン・ホークも出るなんて。これは何としてでも、映画館で見よう、と決めていました。


物語の舞台はフランスのパリ。大女優ファビアンヌ(カトリーヌ・ドヌーブ)の家に、ニューヨークから娘家族が訪れます。『真実』というタイトルの、ファビアンヌの自伝書の出版を祝いにやって来たのです。しかし、彼女が本に書いたのは、真実とはかけ離れたものでした。母親に辛辣な眼差しを向ける娘のリュミール(ジュリエット・ビノシュ)と、役者の夫・ハンク(イーサン・ホーク)、愛娘シャルロット(クレモンティーヌグルニエ)。家族に隠された、本当の“真実”とはーー?
 
 
わぁ、さすがだなー、という感じでした。
 
大女優を演じるカトリーヌ・ドヌーヴの貫禄はさすがだったし(あの豹柄のコート似合いすぎ!)、母親との確執に苦悩するジュリエット・ビノシュも、軽やかなユーモアを交えながら、母娘のやりとりを見守るイーサン・ホークも、それぞれの俳優の個性がとてもすてきにいかされていて、ファンとしては「ごちそうさま」と言いたいくらい。
 
季節は秋の終わり。母と娘の確執という、重たい雰囲気になりがちなテーマ(しかもフランス映画)にもかかわらず、ほのかな幸福感と爽やかな余韻の残る映画にしあがっているのは、是枝作品の持ち味でもあるし、イーサン・ホークという俳優の存在が大きいように感じました。
 
黄色や橙色に染まるパリの秋。
ひんやりを頬をさす、冷たい朝の空気。
映画を見ながら、秋のパリに行った気分になれたのが、思わぬ幸福でした♩

68. 『ひとよ』イオンシネマ シアタス調布

f:id:uzocoya:20191119221922j:plain

毎月映画を見る会を企画してくれる友人が、今月の1本に選んでいたので、きっとおもしろいはず、と、観に行ってきました(彼女の映画を選ぶセンスが好きなんです)。
 
劇団KAKUTAの舞台の作品を、『凶悪』『凪待ち』の白石和彌監督が映画化。家族を描いた人間ドラマで、出演は佐藤健松岡茉優鈴木亮平、田中裕子と、気になる役者さんの名前がずらり。
 
 
物語は、田中裕子演じる一家の母親が、子どもたちに暴力をふるう父親を殺める、ある一夜のシーンから始まります。もう、子どもたちが暴力に苦しまずに、好きに生きられるようにと。そして、罪をつぐない15年後に戻ってくると約束し、姿を消した母親が、約束のとおり、ちょうど事件から15年後の晩に帰ってきます。
 
15年後、どもり症で気の優しい長男は、別居中の妻から離婚をせまされ、小説家を目指す次男は、うだつが上がらない週刊誌の記者として働き、末娘の長女は美容師の夢を諦め、スナックで働いていました。
 
父親からの暴力はなくなった一方で、15年もの間、「犯罪者の子ども」という世間体に苦しみ続け、思い描いた自由とはかけ離れた現実を生きる3兄妹は、突然の母の帰宅に戸惑い・・・。
 
 
バイオレンスやホラーものが苦手なわたし、白石和彌監督の映画を今回初めて観ましたが、ずっしりとした重みや暗さのなかに、くすっと笑える場面や、あたたかさもあり、味わい深い余韻の残る、家族の物語でした。
  
まっすぐに心に刺さったのが、母親のひとこと。
「いま、私が謝ったりしたら、あの子たちが、迷子になっちゃう」
 
罪をつぐない、噂が風化する頃合いまで、ひとりでなんとか生き抜いて、
子どもたちの複雑な思いも覚悟のうえで、約束どおりに帰ってきて、
15年の不在を、これっぽっちも気にするそぶりを見せずに、
毅然として、また日々を生きているおかあさん。
 
なんて、強いひとなんだろう。
強さ、というのとは、すこし違うのかもしれません。
でも、自分のきもちを横に置いておいて、とにかく、子どもを迷子にはさせてはいけない、という強い意志が、全身からにじみ出ていて、この人すごいなあと思いました。
 
田中裕子が、むちゃくちゃ、かっこいい。
 
ほんの少し、再生の光がみえた物語のエンディングでは、
すっかり4人の役者さんのファンになっていました。
 
おもしろい映画を観終わって後の高揚感、
あのワクワクが久しぶりに。
よい映画時間でした。