読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uzocotrip

フィンランドから鎌倉へ。暮らし、旅、映画にまつわる日々のメモ

17. ベルリンでひとりで考えたこと

ドイツ

image

2015年11月。
ベルリンの街をひとりで歩いていたとき、
こころのなかに、煮え切らないもやもやのようなものが
いっぱい湧いてきました。
 
むきだしの街、ベルリン。
街のあちこちには落書きがあるし、
廃墟の一歩手前のような建物に、ギャラリーやお店が入っていたり。
個性的なアートギャラリーやカフェ、雑貨屋さんもたくさんあるけれど、
自由、という言葉よりも、雑多、の方がしっくりくる。

  
バウハウス資料館はじめ、おもしろいアートスポットもたくさんあります!
知れば知るほど、くせになりそうな、奥の深さも。
 
ただ、ヨーロッパの、あの大国ドイツの首都…とイメージしていると、
どことなく寂しさが漂う雑然とした街の姿に、すこし複雑なきもちになりました。
 
一生忘れるもんかと思ったのが、カイザー・ヴィルヘルム教会。
青いステンドガラスが印象的な、プロテスタントの教会です。
 
戦争で大きな損傷を受けたものの、いまでは修復されて、コンサートなどに使われています。
終戦後の当時の様子と、いまの建物の様子を、写真で展示していて
戦争の悲惨さをわたしたち後世に伝えてくれています。
とても美しくて、悲しいきもちでいっぱいになりました。
 
このカイザー・ヴィルヘルム教会をはじめ、ベルリンの壁や、そのほかにも、
ベルリンには、街のあちこちに戦争の跡がのこされています。
この街の子どもたちは、嫌でも、戦争や歴史について考えさせられるだろうし、そのうえで、自分たちの生き方と向き合っていくのだろうと思います。
 
同じ首都として、東京とベルリンの現状のあまりのちがいに、いまの東京をどう受け止めたらいいのか、すこしばかり、考え込んでしまいました。
 
今回3度めのドイツ旅行。ベルリンは8年ぶり。
それでもなにか、もっと奥をのぞいてみたくなるような、魅力のある街でした。次に来たときは、じぶんがまたなにを感じるのか、楽しみです。
 

image