読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uzocotrip

フィンランドから鎌倉へ。暮らし、旅、映画にまつわる日々のメモ

21. ボトルミュージックの出稼ぎのおじさん

image

はじめてヘルシンキを案内してもらって、街を歩いていたとき、
ストックマンのならびの通りで、鉄琴に似た、なつかしくって、とてもここちのいいメロディが聞こえてきました。
 
その音がどんどん近くなっていくと、
そこには、水のはいったガラス瓶でつくった楽器を奏でている
ピエロのおじさんがいました。

 
ずっと聞いていられるようなやさしい音色と、
ピエロのおじさんの、すこしもの悲しそうな表情が離れがたく、
しばらくじっと見ていました。
 
ロシア人で、週末だけ出稼ぎにきているのだと、
彼が教えてくれました。ヘルシンキでは有名な人なんだそうです。
 
でも、たしかに、まずあの楽器がインパクト大!
演奏もとっても上手なので、街中で楽器をひいている人たちのなかでも
とくに心惹かれるものがありました。
ピエロのおじさんはいったい何者なんだろうと、すっかり気になって仕方がありませんでした。
 
すわっていた楽器のケースにはwebサイトのURLが…!
http://bottles4music.com
 
あとでわかったのは、ピエロのおじさんの正体は、Fedor Grigorevさんという人でサンクトペテルブルク出身だということ。そんなにおじさんでもなく、いつもピエロの格好をしてるわけじゃないということも。
 
それにしてもすごい!
週末のストックマン横、わたしのヘルシンキお気に入りスポットです。